企業訪問マナー

お客様を訪問するとき

たとえどんな小さな用事でも、訪問は「会社の代表」であるという自覚が必要です。
だからといって堅くならずに、おそれず、悔らず、準備万端で臨みます。

アポイントの取り方

訪問の際には必ずアポイントをとります。

  • 訪問目的と同行者を伝える
  • あくまでお客様の都合を優先する
  • 訪問の1週間〜10日前を目安に

訪問を避けるべき時間帯

  • 訪問先の始業・終業時間から30分以内
  • 月末(25日以降)
  • 月曜日の午前中・連休明けの初日

訪問当日に気をつけること

<訪問前チェック>
  • □身だしなみを再確認
  • □名刺は充分にありますか
  • □訪問先企業のライバル社製品を身に付けていませんか
  • □訪問約束の5分前には到着できますか
  • □止むを得ず遅刻するときには必ず”事前”連絡を
  • □コート・マフラー・帽子などは玄関で脱ぐ(オフィスの中までは着用しない)
  • □受付で訪問先部署名・氏名・約束時刻を正確に伝えられるように再確認を
<面会中チェック>
  • □座った時に足を組んだり、投げ出したりは禁物
  • □バック・手荷物はソファーやテーブルに乗せず、足元へ置く
  • □面会人が入室したらすぐに立ち上がり挨拶する
  • □着席はすすめられてから
  • □時間に合わせた内容・進行で話す
  • □お茶は勧められるまで、または相手が口をつけるまで飲まない
  • □日本茶は両手で飲み、蓋がある場合は茶碗を右側へ置く

名刺の取り扱い方

名刺は専用の名刺入れに入れて持ち歩き、汚したり曲げたりしないようにします。
相手自身、自分自身だと思って大切に扱います。

名刺の受渡し方

<差し出す順序>
  • 1. 訪問者側、地位・役職・年齢の低い人から先に出す
  • 2.複数同士の場合は、それぞれのグループの内で立場の高い人から交換する
<差し出し方>
  • 1. 右手で出しやすいように左手に名刺入れを持つ
  • 2. あいさつをする
  • 3. 腰より高い位置に名刺を持ち、社名・氏名を名乗る
  • 4. 名刺を相手に向け、取りやすく見やすい位置に出して両手で手渡す
  • 5. あいさつをする
<同時交換の時>
  • 1. 先に名刺を出す
  • 2. 右手で自分の名刺を持ちながら、左手で相手の名刺を受け取る
  • 3. 受け取るときは引き寄せずに、すぐに右手を添えて両手でいただく形にする
名刺の受け渡し方法

名刺の管理法

名刺は裏書をしてきちんと保管すると重要なデータベースとなります。
面会したその日のうちに、さまざまな情報を書き込む癖をつけます。
《裏書の例》①面会日 ②用件・商談内容 ③相手の特徴・印象

不要になった名刺は、悪用をふせぐため必ずハサミを入れて処分します。
また、職場が変わり自分の名刺が不要となった場合には、勝手に処分せずに 会社・担当部署に返却します。

お役立ちコンテンツ

企業ご担当者様へ

人材の有効活用は、企業にとって経営基盤強化の戦略でもあり、適材適所の人材戦略は今後さらに重要性を増していくと考えられています。
スープルはこれまでの実績とノウハウをフル活用し、企業のニーズにきめ細かく対応いたします。

詳しくはこちら