コミュニケーション

「第一印象」の大切さ

「第一印象」は初対面の人と出会ったときの最初の数秒で決まります。
そして、その印象は大変長く持続します。
皆さんがはじめて派遣先企業へ出社するときにも「第一印象」はとても大切です。

初対面の一瞬→第一印象の決定

第一印象「評価のプロセス」

人間は初対面のときに、下記の4つの要素を順番に見て相手を判断します。
また、1番目の身だしなみ・表情などの「外見」と2番目の「態度」がその判断材料の60%を占めると言います。「身だしなみ」・「表情」はとても重要です。

評価のプロセス

「身だしなみ」のポイント

企業によって社風や雰囲気はかなり異なります。様々な年代・価値観の人がいます。
その中で多くの方に受け入れてもらえる「身だしなみ」は、この3つのポイントをおさえたものです。
特に「清潔感」はどの年代も同じ感覚を持っていると言われますので「身だしなみ」の重要ポイントです。

  • ①「清潔感」
  • ②「機能性」
  • ③「周囲との調和」

身だしなみ直前チェック

女性編

身だしなみのチェック:女性編

男性編

身だしなみのチェック:男性編

自己紹介で自分をアピール

派遣先企業への初出社日には、自分からすすんで自己紹介をします。新しい職場への第一歩です。自分をアピールするチャンスだと思ってください。あまり硬くならずに、かといってくだけすぎることなく、上手に自分を表現します。

<自己紹介の仕方>

はっきりと分かりやすく
”笑顔で笑声”を心がけ、好印象につなげましょう
必ずフルネームで
意識的にゆっくりと聞き取りやすいように
一言コメントを
出身地や趣味などの一言を添えて会話のきっかけづくりにもなるはずです
はじめと終わりにお辞儀を
自己紹介にメリハリをつけましょう
おはようございます!スープルマから参りました〇〇〇〇と申します。本日からお世話になります。よろしくお願いいたします。

指示の受け方・報告の仕方

仕事をする上で報告・連絡・相談の「ほう・れん・そう」はとても大切なことです。 常にこころがけて業務を行います。派遣スタッフの場合には派遣先企業と派遣元で あるスープル両方への「ほう・れん・そう」が必要です。

指示の受け方

指示の受け方:呼ばれたら明るく返事→メモ・筆記用具を用意→復唱と確認
ポイント
  • 疑問点はそのままにせずに質問する
  • 指示内容を復唱する
  • 了解したら「かしこまりました」の一言を忘れずに
  • 直ぐに取りかかれないときや時間内にできないときは、理由を述べて了解を求める

報告の仕方

報告の仕方:結論・結果→理由→経過
ポイント
  • タイミングが大切
    (遅くなると意味のない場合もある)
  • 事実を簡潔に順序立てて報告する
  • まず「結果」、そして「理由」、要求された時のみ最後に「経過」を
  • 報告は必ず指示を出した人にする
  • 仕事は報告を済ませてはじめて完了する

お役立ちコンテンツ

企業ご担当者様へ

人材の有効活用は、企業にとって経営基盤強化の戦略でもあり、適材適所の人材戦略は今後さらに重要性を増していくと考えられています。
スープルはこれまでの実績とノウハウをフル活用し、企業のニーズにきめ細かく対応いたします。

詳しくはこちら